CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
2010.09.29からのアクセス
-----
経済
MOBILE
qrcode
啓発看板に穴が❗️  川に水に濁りが発生  右岸の松に繭!?  ビッグイシュー  干し柿のブランデー漬け
0

     啓発看板に、穴が❗️
    故意に開けたとしか思えません。
     悲しいですね😭

     

     

     一時的に濁りが発生していました。
     調べてみましたが、原因不明。

     

     

     芦屋川右岸の松の一本だけに、繭とみられる物体を発見しました。

     


     あしの会拡大会議に出席。
     久しぶりに、ビッグイシューを買いました。あまり売れていないようです。

     


     干し柿のブランデー漬け
    疲れが取れます。

     

     

    | 活動報告 | 23:13 | comments(0) | - |
    無電柱化推進条例施行記念イベント  平成30年度西宮文化サロン 西宮文学案内 秋季講座 第2回 
    0

       アップが遅れましたが、昨日は、無電柱化の日でした。そして芦屋市の78回目のお誕生日でした。
      ペデストリアンデッキで、無電柱化推進条例施行記念イベントがありました。

       

       

       平成30年度西宮文化サロン
      西宮文学案内 秋季講座 第2回  「薄田泣菫と文豪たち」
               講師 河内厚郎  (文化プロデューサー)
       久しぶりに楽しいひと時を過ごしました。富田採花賞にも触れていただいて嬉しかったです。
       文化事業に予算をつけることに、積極的ではない自治体が少なくないですが、文化事業は、人生を豊かに、そして文化薫る街をつくる力を生み出します。

       

       

      | 活動報告 | 22:50 | comments(0) | - |
      朝日ヶ丘小学校3年生の「芦屋川の自然発表会」  インプット
      0

         昨日、夫は朝日ヶ丘小学校3年生による
        「芦屋川の自然発表会」の見学に行きました。
        2年生の児童が、3年生になって芦屋川に行けるのが嬉しいと言っていたそうです。
         了承をとって写していますが、子供達の顔が比較的わかりにくい写真だけアップします。

         

         


         インプット
        参考になること、たくさんあります。
        なかなか活かせないけれど。

         

         

        | 活動報告 | 23:59 | comments(0) | - |
        議会運営委員会傍聴  応急手当してありました。  読書活動の紹介・芦屋市庁舎で開催中  都市問題
        0

           議会運営委員会傍聴
           芦屋浜・南芦屋浜まちづくり調査特別委員会(パイプラインのパブリックコメントについて所管事務調査)傍聴
           兵庫県都市監査委員会、研修会「監査委員監査の最近の動向」

           

           

           ラインで通報した所に、手当てしてありました。

           


           芦屋市庁舎で開催中 読書活動の紹介
          ブックワーム増えてるかな?

           

           

           

           

           

           


           市民の政治参加の形態は色々です。少子高齢社会での街づくりの切り札になる側面もあると、思っています。

           

          | 活動報告 | 23:59 | comments(0) | - |
          第29回 富田砕花賞贈呈式
          0

             第29回 富田砕花賞贈呈式

             

                 

             

               

              


               富田砕花賞贈呈式
             例年の開催は市民センターですが、今年は富田砕花展の関係で芦屋美術博物館での開催になりました。

             

             

             


              北川朱美さんは、小説と詩の境をなくす試みをした散文詩に挑戦されたとのことでした。

             

             

              私は、議員を志すまで詩作をしていましたが、言葉の使い方が違う世界と考えて封印していました。
            そろそろ再開しても、影響はないかなあと思っています。

            | 活動報告 | 21:21 | comments(0) | - |
            | 1/874PAGES | >>